HOME » 体内では合成できない9種類の必須アミノ酸 » 疲労や老化を感じたらイソロイシンの効果を確かめてみよう

疲労や老化を感じたらイソロイシンの効果を確かめてみよう

ストレス緩和や筋肉強化にかかせないイソロイシン

イソロイシンとは

イソロイシンとは、必須アミノ酸の一種で、バリンやロイシンなどとともにBCAAに分類されます。主な働きは、筋肉の消耗を防いで、皮膚の回復を促進することです。イソロイシンが不足すると、この効果が発揮されなくなるので、疲れやすくなったり、皮膚炎を引き起こしたりしてしまいます。他にも、様々な効果があるので見ていきましょう。

イソロイシンの効果

身体と脳の疲労回復

イソロイシンは、運動時の大切なエネルギーとなるグリコーゲンを貯蔵する働きがあります。グルコースをグリコーゲンに変換して貯蔵するので、グリコーゲン不足による疲労を解消するのです。また、脳の疲れの原因となるセロトニンという物質を抑制する働きもあるため、脳の疲労回復の効果も期待できます。

身体の成長を促進

イソロイシンは、全身細胞に作用して代謝を促進する甲状腺ホルモンの分泌を促す働きがあります。そのため身体の成長を促進する効果が期待できるのです。

神経機能をサポート

イソロイシンは、神経機能をサポートする効果があるため、判断力を上げたり集中力を高めたりすることができます。集中するためには、興奮系の神経伝達物質を放出しなければなりませんが、イソロイシンはその物質の材料となるので集中力を高めやすくなるのです。

糖尿病の予防

イソロイシンは、吸収した糖質を筋肉に送り込むことを促進して、血糖値の上昇を抑制できるため糖尿病の予防効果を期待できます。さらに、決闘コントロールや栄養改善に効果があるため、既に糖尿病になっている場合でも、改善の効果が期待できます。

肝機能の向上

イソロイシンは肝臓のタンパク質の合成を促進して、血清アルブミンの量が増えるため、肝機能向上の効果もあります。

髪の毛と肌を作る

イソロイシンをはじめとするアミノ酸は、髪の毛や肌の元になっています。そのためイソロイシンが不足すると、髪の毛や肌はボロボロになってしまいますし、正常な量を維持できていれば髪も肌も健康に保つことができます。

イソロイシンが多く含まれる食品をチェック

イソロイシンが多く含まれている食品を積極的に食べることで、イソロイシン不足を防ぐことができます。

イソロイシンが多く含まれる食品(100gあたりの含有量)

肉類 ・鶏胸肉(1200mg)
・豚ロース赤肉(1000mg)
・アヒル肉(1000mg)
魚類 ・鰹節(3500mg)
・しろさけすじこ(1900mg)
・くろまぐろ赤身(1200mg)
・かつお(1000mg)
・とびうお(1000mg)
乳製品 ・ナチュラルチーズ(1400mg)
・プロセスチーズ(1200mg)
豆類 ・高野豆腐(2700mg)
穀類 ・小麦たんぱく粉末状(3000mg)
その他 ・カゼイン(4900mg)

基本的に乳製品や魚介類、肉類などの食品にイソロイシンは多く含まれます。上記で最も多い「カゼイン」とは、牛乳に含まれるタンパク質なので、牛乳にイソロイシンが多く含まれていることになります。しかし日本人の消化吸収には、牛乳が合わないことが多いです。そのためイソロイシンを摂取したいからといって、無理に牛乳を飲むのは止めたほうが良いでしょう。チーズでイソロイシンを摂取する際は、添加物が少ないナチュラルチーズを選んだほうが身体には優しいです。 

魚や肉でイソロイシンを摂取する場合は、カロリーに注意するようにしましょう。特に肉料理は高カロリーになりがちです。イソロイシンという特定の成分だけに注目するのではなく、食事全体のバランスを考慮するようにしましょう。

  • アミノ酸で効果UP美肌作りサプリBEST3
  • アミノ酸で効果UP筋力アップサプリBEST3
  • アミノ酸で効果UPダイエットサプリBEST3
  • アミノ酸で効果UP疲労回復サプリBEST3
  • アミノ酸で効果UP免疫力アップサプリBEST3
 
Pagetop
サプリで効果をプラス メリハリボディはアミノ酸でつくれる